0120-987-302
__ITM_CNT__

『こんなにおもしろい!還暦川柳』お祝い会で盛りあがろう♪part2

『こんなにおもしろい!還暦川柳』お祝い会で盛りあがろう♪part2

最終更新日・2017月4月10日

こんにちは、花なまえの詩スタッフの藤村です。

スタッフ藤村

スタッフ 藤村

あなたは俳句や川柳を作ったことはありますか?
限られた字数でうたいあげる川柳は、
私達が日頃おつくりしております「名前の詩」と通じるものがあり、
とても奥深い世界です。
古くから現在まで愛され続けているすばらしい文芸ですね♪
というわけで今回は還暦の川柳をご紹介いたします!
思わず笑顔になる川柳・共感する川柳 etc 
ご家族と共有して、お祝い会が盛り上がること間違いなしです♪

 


 


1・川柳のおもしろみ

 

めえ子

めえ子

こんにちは、
ふくたろう先生!

昨日テレビで紹介していた川柳がおもしろい
と思ったの!
お祝い会で話題にしたら盛り上がらないかな?

ふくたろう先生

お祝い博士の
ふくたろう先生

いいアイデアですね!
川柳は、老若男女で楽しめるすばらしい文芸です♪
現代では還暦をテーマにした川柳もたくさん読まれていますよ♪

川柳といえば、私よりも詳しい方がいるので
お呼びいたしましょう!

はじめましてこんにちは。
ただいま紹介にあずかりました川柳愛好家・さるのすけと申します。

さるのすけ爺さん

川柳愛好家
”さるのすけ爺さん”

 
みなさん川柳はお好きですか?
シルバー川柳やサラリーマン川柳など、世の中には
ユーモアあふれる独特の切り口で読まれた川柳が人気を集めています。
 
5・7・5の音にのせ、日常の何気ない体験・心情が盛り込まれた川柳は、
その時の時代や各世代のリアルな感覚が表されていて、大変おもしろいものです。

もうじき還暦のおじいさんがお祝い会という、めえ子さん。
みんなで川柳のおもしろみを味わってはどうでしょう?
 
いろいろな川柳コンクールで「還暦」の入った
素晴らしい川柳がいくつも発表されていますので、厳選してご紹介していきたいと思います。

せんえつながら、各作品に私が一言二言コメントをしておりますよ♪
どうぞよろしくお願いします♪

2・還暦川柳ご紹介

還暦だ? 冗談言わんと 稼いでよ

読み人知らず
いきなり出ました(笑)。確かにリタイアはまだまだですよね。でも、ちょっと高いビールを注ぎながら「長い間お疲れ様。でももう少し頑張ってね。」と笑顔で言えば、頑張ると思いますよ。男は単純だから。
町興し 還暦過ぎも まだ若手

地域活性化は、「よそ者、バカ者、若者」が必要と言われますが、高齢者が頑張っている地域もたくさんあります。ちなみに、大分県豊後高田市は、「2017年住みたい田舎ランキング」でシニア世代1位、総合で2位を獲得している元気な市です。
還暦は 鼻たれ小僧 おらが村

60歳になっても小僧扱い(笑)、地方の厳しい現実です。頑張れ!鼻たれ小僧。地方はあなたでもっている。
還暦を 過ぎても親に 叱られる

「孝行をしたいときには親はなし」という川柳もありますが、叱ってくれる親がいるというのは幸せなことだと思いますよ。
還暦は ちゃんちゃんこより 赤い石

赤い石と言えば、ルビー、ガーネット、赤サンゴ‥‥。う~ん、出来れば赤いダイヤ(小豆)を炊いたお赤飯で勘弁してもらいたいですね。
還暦を 迎える今年 まだ青春

「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ‥‥」というサミエル・ウルマンの「青春」という詩があります。年を重ねただけで人は老いません。大いに青春してください。
還暦に 30年の 日記買い

60歳で30年日記?まったく問題ありません。卒寿(90歳)までお元気で日記をつけ続けてください。
勇気出し 還暦からの ジム通い

1911年生まれの現役医師、日野原重明聖路加国際病院名誉院長の健康長寿の心得に「60歳は人生の後半開始。腹八分。筋力をつける」という言葉があります。健康で長寿が大事です。筋トレ頑張ってください。
アイドルの 還暦を見て 老いを知る

女性の年齢は書きませんが、キャンディーズのランちゃん(伊藤蘭)は1955年生まれ、ミキちゃん(藤村美樹)と亡くなったスーちゃん(田中好子)は1956年生まれです。CMをもじって「秀樹、カンレキ!」と揶揄した西城秀樹さんは1955年4月生まれで本当に還暦過ぎの今年62歳になります。
還暦を 過ぎたミナトの ヨーコ達

42年前の1975年に大ヒットしたダウン・タウン・ブギブギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」。ヨーコが当時18歳でも、今は確かに還暦ですよね。
還暦の 野良着一面 汗の地図

春山貴男さん/高根沢町元気川柳
いい汗かいて、よく食べ、よく眠り。元気が一番です。
還暦に 娘と競う 脚線美

蓮見博さん/高根沢町元気川柳
今の時代、本当に若くてきれいなシニアが増えてきました。その美脚をぜひ世間にご披露してください(笑)。
還暦で 家計もすべて 赤備え

年金の支給開始年齢も下がるし、各種保険料も上がってくるし、60歳の節目の年は今後の生活設計を考える時なのかも知れません。
還暦に 出会う初孫 同じ丑(うし)

初めてのお孫さんが自分と同じ干支とは一段と嬉しいですよね。一家に3人同じ干支の人がいると家が栄えるという言い伝えを聞いたことがありますが、ますますの家内繁栄を祈念いたします。
還暦の 祝主役は はしゃぐ孫

読み人知らず/TNC川柳
主役の座を孫に奪われたとしても、やっぱりかわいい。おじいちゃんのお孫さんを見つめる笑顔が伝わってくる「マイベスト還暦川柳」です。

川柳を詠む還暦世代のイラスト


めえ子

ふふふ
ほほえましい川柳がたくさんあって面白いなぁ

ふくたろう先生
 

「還暦」ははじめて迎える人生の大きな節目ということもあり、”もう還暦”と”まだ還暦”という2つの気持ちがあることがわかりますね。

還暦から新たな挑戦をはじめられる方も多く、
第二の人生をぞんぶんに謳歌していただきたいです。

また初孫が生まれる年齢でもあり、
お孫様のことをうたう句も多いですね♪
きっとかわいくて仕方がないのでしょう♪

さるすけ爺さん

お楽しみいただけてよかったです。
時代の流れと共に、
趣を変える多様な川柳。
日々発表され続けていますので
またご紹介しに参りますね。

 

これを機に、自分で一句作ってみるのもよいと思います♪

めえ子

さるのすけ爺さん、ありがとう!



 
次の記事を読む:『還暦の方が生まれた年の名前ベスト10』お祝い会で盛り上がろう♪Part3



スタッフ

WEBショップ「花なまえの詩.com」
〒612-8086 京都市伏見区京町北8-87
TEL 075-611-1454 FAX 075-611-1499
<詳しくは特定商取引法に関する表記のページをご覧ください>
Copyright © 2015 花なまえの詩