0120-987-302
__ITM_CNT__

1分でわかる!「喜寿祝いって何?」「お祝いの方法」

1分でわかる「喜寿祝いって何?」「お祝いの方法」

最終更新日・2018月6月9日

77歳 喜寿祝いの人気TOP3


「喜寿祝いって何?」「喜寿ってどうお祝いしたらいいの?」
最近よくこういうおご相談を受けるようになりました。
こんにちは。花なまえの詩スタッフの藤村です。

 

スタッフ藤村

スタッフ 藤村

 
私はお客様対応をしている関係上、上記のようなご相談をよく受けます。

ここでは喜寿祝いをよりわかりやすくするために、お祝いに詳しいふくたろう先生に解説してもらいます。
あなたのお父さん(お祖父ちゃん)お母さん(お祖母ちゃん)が喜寿を迎えるなら、「喜寿とは何か?」「どうお祝いすればいいか?」を知って、喜ばれる喜寿のお祝いをしてあげてくださいね。

 

喜寿プレゼントを探している方は…

⇒お父さんお母さんの涙する喜寿祝いプレゼントはこちら

 


1・喜寿お祝いとは?

けんた

もうじき祖父が喜寿
孫・けんた

おじいちゃんが、もうすぐ誕生日で77歳になるんだ!
77って、ラッキー7でおめでたい感じがするよね~。
ちょっと調べたら「喜寿」っていうらしいんだけど・・・
う~ん、名前はわかったけど喜寿ってなんだろう?

ふくたろう先生

お祝い博士の
ふくたろう先生

けんた君。
喜寿は77歳の長寿祝いですよ。
日本では、還暦(60歳)、古希(こき)(70歳)、米寿(べいじゅ)(77歳)のように
年齢の節目に長寿をお祝いする行事を行いますが、
これを「年祝」と言います。
喜寿は「喜」という字の草書体が、七十七と見えることに
由来していて、本来は数え年で77歳を迎える年にお祝いします。

喜の文字の草書体が七でできているように見える説明図

けんた

ふくたろう先生だ!こんにちは~。
えっ、数え年ってなに?

ふくたろう先生

数え年とは、昔よく使われていた年齢の数え方で
まず生まれた年を1歳と考え、誕生日ではなく
1月1日(元日)に またひとつ年をとります。
ですから 生まれた年を0歳と数え、誕生日にひとつ年をとる
「満年齢」の数え方にあてはめると
喜寿は76歳に迎えることになります。

けんた

そうなんだ!数え年で年齢なんて数えたことなかったよ!
え~っ、じゃあ・・・
おじいちゃんの喜寿ってホントは去年だったの!?

ふくたろう先生

大丈夫!
安心してください、けんた君。
最近では「満年齢」の数え方のほうが一般的なので、
77歳でお祝いすることも多いんですよ。

けんた

よかった~!家族みんなでお祝いしなきゃ!
77歳ってすごくおめでたいことだもん~

ふくたろう先生

世界有数の長寿国である日本の平均寿命は
男性で80.79歳、女性で87.05歳なんです。
喜寿では少し届きませんが、国が定める75歳以上の
「後期高齢者」のお仲間入りをした、まさしく「長寿」です!

けんた

もっと元気で長生きしてもらわなきゃ!

ふくたろう先生

また、喜寿は日本固有の年祝であり
おめでたい「喜」という言葉にちなんだものであるとともに
思わずフィーバーと言いたくなる、七が3つ並んだ年回りです。
ご家族みなさんの日程を調整して、
おじいちゃん(お父さん)、おばあちゃん(お母さん)の長寿を
一緒にお祝いしてはいかがでしょう。

けんた

そうだね!
今の家族があるのはおじいちゃんのおかげだもん!
とびきり喜んでもらえる喜寿祝いがしたいな~

けんた
けんた

2・喜寿祝いってどうやってするの?

けんた

喜寿祝いについてわかってきたよ。
でも、実際どんなふうにお祝いしたらいいの?
お祝い日はいつにしよう?

ふくたろう先生

お祝いの日は特に決まりはありませんので
「誕生日」でも、「敬老の日」にあわせてもよいですし
遠方の方が帰ってこられる日にしてもかまわないでしょう。

けんた

場所はどんなところがいいかな?

ふくたろう先生

何といってもご高齢ですから、ご本人の体に無理のないよう
計画すればいいでしょう。
お元気であれば温泉旅行でもいいですし
ご自宅で好物の料理を作ってさし上げてもいいと思います。

けんた

みんなやおじいちゃんの都合にあわせて
考えればいいんだね~

ふくたろう先生

はい!
なによりも家族や親戚みんなが集まって
一緒にお祝いをすることが、一番喜ばれますからね。

けんた

家族が集まるとお祝いの会も賑やかになるね!
あれ?そういえば・・・
さっきから ふくたろう先生が着ているのは何?

ふくたろう先生

よくぞ訊いてくれました!
これはちゃんちゃんこと言います。
還暦のときは赤いものを身につけるように
喜寿は紫色のものが一般的ですよ。
有名なものは、このちゃんちゃんこや
座布団、扇子、頭巾などを用意してお祝いします。

けんた

そうなんだ!じゃあおじいちゃんにも
紫色のちゃんちゃんこを着てもらおう!

ふくたろう先生

ぜひ!
日頃は着ないものなので
みんなで記念撮影をしたりして
お祝いムードも盛り上がりますよ♪

記念写真

けんた

もっとお祝いを盛り上げるにはやっぱりプレゼントだよね!
プレゼントには何を選べばいいかな?

ふくたろう先生

プレゼントとしては、
定番のお花のほか日常使えるような衣類、
それも地味な色ではなく、
少し若々しくみえるものを選ぶといいようです。
お孫さんからのお手紙や絵が得意であれば
「おじいちゃん(おばあちゃん)の絵」などは喜ばれると思います。

けんた

そうなんだ!
特別感があって素敵なプレゼントになるね!
でも・・・
僕は絵心がないから喜んでもらえるか心配だよ。

ふくたろう先生

特別感を求めるなら
オーダーメイドのプレゼントはおすすめです!
名前(ネーム)入り商品は記念にもなるし人気がありますよ。
ネットショップなどでいろいろ販売されていますので
けんた君も、検討してみてはいかがでしょうか。

花なまえの詩

けんた

ありがとう!
先生のおかげで喜寿祝いのことがわかったよ♪
最高の日にしてあげたいな!
今から準備を始めるね!

はたして、けんたはお祝い会を成功させられるのでしょうか?

 
成功のカギを握るのは、けんたも心配していたようにプレゼントです。
お祝い会のお楽しみは、何といっても「お食事」と「プレゼント」ですからね。

 
あなたは喜寿祝いのプレゼントをもう決めましたか?
もしまだなら、

⇒お父さんお母さんが感涙にむせぶ喜寿祝いプレゼントはこちら

 
次の記事を読む:『喜寿の方が生きてきた時代のできごとや流行』お祝い会で盛り上がろう♪Part1


スタッフ

WEBショップ「花なまえの詩.com」
〒612-8086 京都市伏見区京町北8-87
TEL 075-611-1454 FAX 075-611-1499
<詳しくは特定商取引法に関する表記のページをご覧ください>
Copyright © 2015 花なまえの詩