0120-987-302
__ITM_CNT__

『古希の方が生まれた年の名前ベスト10』お祝い会で盛りあがろう♪part3

『古希の方が生まれた年の名前ベスト10』お祝い会で盛りあがろう♪part3

最終更新日・2017年4月12日

こんにちは、花なまえの詩スタッフの藤村です。

スタッフ藤村

スタッフ 藤村

あなたは自分の名前が好きですか?
名前は、人が一生をともに特別なものです。
あなたが生まれた時に、一生懸命考えてくれたものなんですよ♪
名前は人が生まれてはじめてもらうプレゼントともいえます♪
時代によって名付けの傾向は大きく変化しています。
今回はふくたろう先生に古希世代の方の人気名前ベスト10を教えてもらいましょう♪
家族のみなさんで盛り上がってくださいね!

赤ちゃんの命名を悩むイラスト


 


1・古希の方が生まれた年の名前ベスト10

 

うさみ

来月 祖母が古希
孫・うさみ

こんにちは…、ふくたろう先生!

先生のおかげで、なつかしの話川柳
お祝い会の話題がたくさんできて…
これで準備も安心して進められるわ…!

ふくたろう先生

お祝い博士の
ふくたろう先生

お役に立てて私もうれしいです。
今日はさらに、もう一つ
お祝い会で盛り上がるお話を
いたしましょうか♪

うさみ

ほんと…!?
話題はたくさんあったほうがうれしいわ…

ふくたろう先生

では、まずこの表を見てください


平成29年(2017年)に古希を迎えられる方の
「生まれ年の名前ベスト10」

古希生まれの方の名前ランキング
明治安田生命さん「名前ランキング」より


ふくたろう先生

おばあさまが生まれた年の名付けランキングです。
何か気づくことはありますか?

うさみ

あ…
おばあちゃんの名前が2位だわ…!

ふくたろう先生

幸子さんですか♪
とても良いお名前ですね。

うさみ

エヘヘ……
男性の名前は、和夫さん以外は
一文字のお名前なのね…

ふくたろう先生

そうなんです!
現在とちがい、この時代の男性は
ランクインしている名前すべて 一文字の名前なのが
大きな特徴です。
また戦時中は、「勇」さん、「勲」さん、「勝」さん、「勝利」さん、「武」さんなど
勇ましい名前が多かったのですが、
22年に「勇」さんが9位にランクインしているだけで、
逆に平和の意味をつけたのか「和夫」さんが8位、10位に入っています。

うさみ

そうなのね…

ふくたろう先生

一方女性は現在と違って
「子」が付いているのが大きな特徴です。
特に「和子」さんは昭和2年から27年までの26年間で
この2年間も含めて何と23回も第1位に輝いています。

うさみ

23回も1位…!
やっぱりこの時代の人たちは平和を願っていたのね…

ふくたろう先生

そうなんです。
男性、女性とも昭和の時代になって
「昭」「和」の文字が多く付けられています。
「昭和」とともに
「平和」への希望が現れた
のでしょうね。

うさみ

戦争でつらいおもいをしたからこそ、
せめて自分の子供達には
平和な世界で生きていってほしい…
という願いが名前に込められているのね…

古希の生まれ年名前ベスト10 ポイント♪
・男性は漢字一文字の名前ばかり
・女性は「子」がつく
・昭和の元号に変わってから「昭」と「和」のついた名前が増えた
ふくたろう先生

それでは最後に近年の名前ベストも見てみましょう♪

2・近年の名前ベスト10


近年の「名前ベスト10」

古希生まれの方の名前ランキング
明治安田生命さん「名前ランキング」より


うさみ

さっきとぜんぜん違うのね…!

ふくたろう先生

近年は、夢や希望へ羽ばたくといった意味がこめられた「翔」が人気を集めています。
「陽」は男女とも人気があり、のびのびとした自然・陽の光を思わせます。

女の子は「子」のつく名前は完全になくなってしまいました。「葵」や「さくら」のように花や植物の名前が人気です。
東日本大震災を経て、人の絆を思わせる「結」という漢字の人気がより強くなりました。

うさみ

時代によってこんなに違うのね…
でも、それぞれ親からこめられたかけがえのない想いは変わらないのね…

ふくたろう先生

名前はご両親や祖父母から子供の幸せを
願って贈られた初めてのプレゼント。
その人のためだけに用意された美しい祈りです。
一生涯変わらない自分の名前。大切にしたいですね。

うさみ

うん♪
あたしも自分の名前は大切にするわ…!
 
今回も面白い話をありがとう、先生…!




スタッフ

WEBショップ「花なまえの詩.com」
〒612-8086 京都市伏見区京町北8-87
TEL 075-611-1454 FAX 075-611-1499
<詳しくは特定商取引法に関する表記のページをご覧ください>
Copyright © 2015 花なまえの詩