花なまえの詩 ホーム ご注文の流れ ログイン 会員登録 お問い合せ 会社理念 お客様の声

『こんなにおもしろい!古希川柳』お祝い会で盛りあがろう♪part2

『こんなにおもしろい!古希川柳』お祝い会で盛りあがろう♪part2

最終更新日・2017月4月12日

こんにちは、花なまえの詩スタッフの藤村です。

スタッフ藤村

スタッフ 藤村

あなたは俳句や川柳を作ったことはありますか?
限られた字数でうたいあげる川柳は、
私達が日頃おつくりしております「名前の詩」と通じるものがあり、
とても奥深い世界です。
古くから現在まで愛され続けているすばらしい文芸ですね♪
というわけで今回は古希の川柳をご紹介いたします!
思わず笑顔になる川柳・共感する川柳 etc 
ご家族と共有して、お祝い会が盛り上がること間違いなしです♪

 


 


1・川柳のおもしろみ

 

うさみ

来月 祖母が古希
孫・うさみ

こんにちは、
ふくたろう先生!

色々きいてみて
分かったんだけど…
おばあちゃん川柳が好きなんだって…!
いろんなコンクールで
入選してるらしいの!

ふくたろう先生

お祝い博士の
ふくたろう先生

そうなのですね!
川柳は、老若男女で楽しめる
すばらしい文芸ですよね♪

 

川柳といえば、私よりも詳しい方がいるので
お呼びいたしましょう!

はじめましてこんにちは。
ただいま紹介にあずかりました川柳愛好家・さるのすけと申します。

さるのすけ爺さん

川柳愛好家
”さるのすけ爺さん”

 
みなさん川柳はお好きですか?
シルバー川柳やサラリーマン川柳など、
世の中にはユーモアあふれる独特の切り口で読まれた
川柳が人気を集めています。
5・7・5の音にのせ、日常の何気ない体験・心情が
盛り込まれた川柳は、
そのときの時代や各世代のリアルな感覚が表されていて、
大変おもしろいものです。

もうじき古希のおじいさんがお祝い会という、うさみ君。
みんなで川柳のおもしろみを味わってはどうでしょう?
いろいろな川柳コンクールで「古希」の入った
素晴らしい川柳がいくつも発表されていますので、
厳選してご紹介していきたいと思います。

せんえつながら、各作品に私が一言二言コメントを
しておりますよ♪
どうぞよろしくお願いします♪

2・古希川柳ご紹介

効能を 信じて通う 古希の妻

ボケ爺さんさん/温泉川柳
温泉の効能として、リュウマチ・関節痛、切り傷、打ち身などいろいろありますが、奥様が通っているのは、もちろん「美人の湯」なんでしょうね。
その癖に 想い出詰まる 古希同窓

髪も薄く、白くなり、顔のしわが増えたとしても、
何気ないしぐさや話し方は学生時代から
案外変わらないものです。いつまでも大事にしたい絆です。
古希なれば 健康法の 二つ三つ

櫻井明さん/万葉倶楽部
ダイエットと同様に星の数ほど健康法がありますが、
いったい何が一番効果的なのでしょうか。
「個人的な感想」ではなくて、科学的データに基づく
効果を知りたいです。
英会話 ためそう古希の パスポート

増田久子さん/高根沢町元気川柳
英会話を勉強して実践の海外旅行、素晴らしいです。
脳を刺激して、行動に移す!これが若さの秘訣なんでしょうね。
裾を引く ドレスで踊る 古希祝

まりえさん/鈴鹿川柳会
背筋をスッと伸ばして優雅に踊る、異性の目を意識して
立ち振る舞うことが若さを保つうえで幾つになっても大切なんでしょうね。
「Shall we ダンス?」とお声を掛けてもらいたいです。
登山する 古希のわたしも 山ガール

せいじさん/NHKみえde川柳
前2句のお二人と合わせて「古希3人娘」ですね。
ただし、山登りは装備の準備、体調管理を万全にして楽しんでください。
あちこちの 骨が鳴るなり 古希古希と

嫌いじゃないです、こういうダジャレ(笑)。
枯れるには 中途半端な 古希間近

楽星さん/川柳マガジン

 
もう一花 咲かす気概の 古希の春

2句いっしょに。70歳はまだ枯れる年ではないですよ。
一花も二花も咲かせてください。
古希過ぎて 大統領に なる気迫

トランプ米大統領は1946年6月生まれ今年71歳、
惜しくも敗れたヒラリーさんは1947年10月生まれで今年70歳。
長い選挙戦を闘ったあの気迫には感服です。
でも、トランプ大統領には「暴走老人」になってもらいたくないですよね。
老後にと 節約決意 古希の母

ひーふーママさん/ライフプランニング川柳
70歳を過ぎてもまだまだ人生長いですから節約、倹約を考えますよね。
年金、医療、介護といった制度に安心感がないとデフレ脱却は難しいよ、安倍総理。
古希過ぎて 子育て支援 じじとばば

この年で孫の面倒を見るのは大変だと口では言いながら、嬉しそうなお顔が浮かんできます。
古希過ぎりゃ 嫉妬もされぬ 朝帰り

70歳を過ぎて朝までどこで何をやっていたんですか(笑)。
「嫉妬するほどモテもせず」と奥様も分かってきたのでしょうが、
プレゼントを贈るなど早めに関係修復を図った方がいいですよ。
古希になお 叱ってくれる 母が居る

お母様は90歳過ぎでしょうか。
しっかりしたお母様、大事にしてあげてください。
古希を過ぎ 対戦ゲームで 孫泣かす

今の70歳は競争社会にもまれて負けず嫌いなんですよね。
でも、面白いゲームでつい夢中になったとしてもお孫さんを泣かせちゃ駄目でしょう(笑)。
古来稀 今70歳は 団体さん

総務省統計局のデータによると、今年古希を迎えられる昭和22年、23年生まれの方はそれぞれ200万人前後いらっしゃるようです。
今生まれてくる赤ちゃんの2倍の人数ですから確かに「団体さん」ですよね。
信念も 腰も曲げずに 古稀の坂

決して卑屈になることなく、長い人生を一歩ずつ歩んでこられた「凛とした姿勢」が伝わってくる名句です。
片思い 古希でわかった 両思い

ちょっと残念。でも「片思い」と憧れ続けた長い時間もきっと素敵な時間だったと思います。
もしかして自分の「片思い」も実は「両思い」だったのではとの妄想をかき立ててくれる、甘酸っぱくて、少しビターな「マイベスト古希川柳」です。

うさみ

うふふ…
ユニークな川柳がたくさんあるのね…!

ふくたろう先生
 

古希世代の方の
日常を想像してしまいますね。
まだまだ若い70歳!
お元気で過ごしていただきたいですね。

さるすけ爺さん

お楽しみいただけてよかったです。
時代の流れと共に、
趣を変える多様な川柳。
日々発表され続けていますので
またご紹介しに参りますね。

 

これを機に、自分で一句作ってみるのもよいと思います♪

うさみ

さるのすけお爺さん、ありがとう…!





スタッフ

WEBショップ「花なまえの詩.com」
〒612-8086 京都市伏見区京町北8-87
TEL 075-611-1454 FAX 075-611-1499
<詳しくは特定商取引法に関する表記のページをご覧ください>
Copyright © 2015 花なまえの詩