0120-987-302
__ITM_CNT__

『こんなにおもしろい!傘寿川柳』お祝い会で盛りあがろう♪part2

『こんなにおもしろい!傘寿川柳』お祝い会で盛りあがろう♪part2

最終更新日・2018月1月13日

こんにちは、花なまえの詩スタッフの藤村です。

スタッフ藤村

スタッフ 藤村

あなたは俳句や川柳を作ったことはありますか?
限られた字数でうたいあげる川柳は、
私達が日頃おつくりしております「名前の詩」と通じるものがあり、
とても奥深い世界です。
古くから現在まで愛され続けているすばらしい文芸ですね♪
というわけで今回は傘寿の川柳をご紹介いたします!
思わず笑顔になる川柳・共感する川柳 etc 
ご家族と共有して、お祝い会が盛り上がること間違いなしです♪

 


 


1・川柳のおもしろみ

 

いのひこ

来月 祖母が傘寿
孫・いのひこ

こんにちは、
ふくたろう先生!

色々きいてみて
分かったんだけど…
おばあちゃん川柳が好きみたいなんだよね
いろんなコンクールで
入選してるんだってさ!

ふくたろう先生

お祝い博士の
ふくたろう先生

そうなのですね!
川柳は、老若男女で楽しめる
すばらしい文芸ですよね♪

 

川柳といえば、私よりも詳しい方がいるので
お呼びいたしましょう!

はじめましてこんにちは。
ただいま紹介にあずかりました川柳愛好家・さるのすけと申します。

さるのすけ爺さん

川柳愛好家
”さるのすけ爺さん”

 
みなさん川柳はお好きですか?
シルバー川柳やサラリーマン川柳など、
世の中にはユーモアあふれる独特の切り口で読まれた
川柳が人気を集めています。
5・7・5の音にのせ、日常の何気ない体験・心情が
盛り込まれた川柳は、
そのときの時代や各世代のリアルな感覚が表されていて、
大変おもしろいものです。

もうじき傘寿のおじいさんがお祝い会という、いのひこ君。
みんなで川柳のおもしろみを味わってはどうでしょう?
いろいろな川柳コンクールで「傘寿」の入った
素晴らしい川柳がいくつも発表されていますので、
厳選してご紹介していきたいと思います。

せんえつながら、各作品に私が一言二言コメントを
しておりますよ♪
どうぞよろしくお願いします♪

2・傘寿川柳ご紹介

家事育児 傘寿の祖母が 司令塔

「おばあちゃんの知恵袋」という言葉があるように、経験豊かな高齢者のアドバイスは困ったとき本当に助かりますよね。特に子育ては、いてくれるだけで安心するものです。
傘寿でしょ それでもやるの クラス会

読み人知らず
80歳にもなると、つい出不精にもなりますが、出席すると若い時に戻ってきっと楽しい時間を過ごせると思います。やりましょう、クラス会!これから毎年でも(笑)
傘寿祝い 十年日記 所望する

吉川英二さん/高根沢町元気川柳
80歳から10年間、90歳までの日記を最後まで書き続けて、卒寿祝いで再度十年日記を所望しましょうね。
富士登山 古希や傘寿で 花盛り

数え70歳以上の方は高齢者登拝名簿に記帳し記念品をいただけるそうで、年間千名以上の方々が富士山に登頂しているそうです。ただし、事前の体力づくりや登山時の装備もキチンとしておいてください。
五輪まで 生きてやるぞと 喜寿傘寿

あと3年、大丈夫です。特に傘寿の方は、戦争の影響で1回幻になっていますから、ぜひ2度目の東京オリンピックを楽しんでください。
引退は まだと傘寿の クラブ振る

傘寿過ぎ 枯れたゴルフと いたわられ

2句いっしょに。ゴルフは年齢に関係なく楽しめるスポーツと言われています。ドライバーが飛ばなくなっても経験を生かしたパッティングで若いゴルファーをぎゃふんと言わせてください。
傘寿から 付録の余生 爽やかに

平均寿命の年まで生きて「後は付録」と考えたほうが無理な力みが消えていいのかも。でも、最近の女性雑誌じゃないけれど本体よりも付録が充実してるってこともありますから、お楽しみはこれからでしょう。
傘寿すぎ まだチョコの来る 自分褒め

公民館講師さん/バレンタイン今どき川柳
1911年生まれの現役医師、日野原重明先生の健康長寿の心得に「80歳はよく歩き、若い者に好んで接する」という言葉があります。家の中に閉じこもらず、人と接することが長寿の秘訣で、義理?チョコは余禄と考えたほうがいいのでは。でも異性からのプレゼントは幾つになってもうれしいものですよね。
傘寿越え 千万人の 仲間入り

平成27年(2015年)の国勢調査結果によると、80歳以上は9,848,907人いらっしゃるようです。ちなみに30年前の昭和60年(1985年)は2,218,184人でした。
昭和なら 祝ってくれた 古希傘寿

前の句のとおり対象者が増加し、財源も厳しくなってお祝い金を減額したり、廃止する自治体も増えてきました。でも、ご家族はささやかでもいいので、おじいちゃん、おばあちゃんの長寿をお祝いしてあげてくださいね。
おかげさま 喜寿と傘寿の 揃い踏み

松本あや子さん/高根沢町元気川柳
77歳と80歳のご夫婦、金婚式も既にお済みかも知れません。「おかげさま」という謙虚な気持ちを持ち続けることが長寿と夫婦円満の秘訣かも。
歳だねと 言いつつ達者 喜寿傘寿

はるママさん/ようこそ川柳広場
こちらも77歳と80歳ですが、お友達でしょうか?「歳だ、歳だ」と言う人に限って、身体も頭も、そして口もお達者です(笑)。
傘寿越え 初めて人の 傘になる

大原定夫さん/川柳友の会
「人の為」と書いて「偽(いつわり)」という言葉を聞いたことがありますが、誰かのお役に立つことが人としての正しい生き方でしょう。川内康範作詞で森進一が歌った「おふくろさん」の「お前もいつかは世の中の 傘になれよと教えてくれた‥‥」を思い出させてくれた「マイベスト傘寿川柳」です。作者ももちろん傘寿に傘をかけただけで、何度も人助けをされてこられた方だと思います。

いのひこ

あはは
ユニークな川柳ばかりだね♪

ふくたろう先生
 

傘寿世代の方の
日常を想像してしまいますね。
お元気で過ごしていただきたいですね。

さるのすけ爺さん

お楽しみいただけてよかったです。
時代の流れと共に、
趣を変える多様な川柳。
日々発表され続けていますので
またご紹介しに参りますね。

 

これを機に、自分で一句作ってみるのもよいと思います♪

いのひこ

さるのすけお爺さん、ありがとうね!





スタッフ

WEBショップ「花なまえの詩.com」
〒612-8086 京都市伏見区京町北8-87
TEL 075-611-1454 FAX 075-611-1499
<詳しくは特定商取引法に関する表記のページをご覧ください>
Copyright © 2015 花なまえの詩