0120-987-302
__ITM_CNT__

『米寿の方が生きてきた時代のできごとや流行』お祝い会で盛り上がろう♪Part1

『米寿の方が生きてきた時代のできごとや流行』
 お祝い会で盛りあがろう♪Part1

最終更新日・2019年2月11日

こんにちは、花なまえの詩スタッフの藤村です。

スタッフ藤村
スタッフ 藤村

突然ですがあなたは米寿のおじいちゃんおばあちゃんのことを
どれだけ知っていますか?
改めて考えてみると、意外と知らないということが多いのではないでしょうか…!
88年分の人生…私達が生まれる前のできごと…なかなか想像しづらいですよね。
今日は、米寿の方が生きてきた時代のことをふくたろう先生がわかりやすく教えてくれますよ♪
お祝い会でのお話材料として、当日楽しく過ごせること間違いなしです♪

 


 


 

とらお
もうじき祖母のお祝い会
孫・とらお

こんにちは先生!
みんなで予定を合わせて
お祝い会の日取りも決まったよ♪

そういえばお祝い会ではどんな話をしたらいいんだろ?

ふくたろう先生
お祝い博士の
ふくたろう先生

主役はおばあさまですから
おばあさまに関するお話がしたいですよね。
昔なつかしの話などは、どうですか?

とらお

う~ん、
僕も、いとこも全員平成生まれだし
みんなおばあちゃんの生まれた年はもちろん
昭和の時代のこともあまり知らないと思うよ

ふくたろう先生

心配ご無用!それでは今日は
米寿生まれの方が歩んでこられた年に
何があったのかをレクチャーしましょう♪

1・米寿の方が生きてきた時代

ふくたろう先生

平成31年(2019年)に
米寿を迎えられるのは
満年齢で昭和6年(1931年)生まれ
数え年で昭和7年(1932年)生まれの方々です

満年齢で88歳 数え年で88歳
米寿 米寿
昭和6年生まれ
未(ひつじ)年
昭和7年生まれ
申(さる)年
とらお

生まれた時はどんな時代
だったの?

ふくたろう先生

昭和6年(1931年)といえば満州事変が勃発した年です。
また7年(1932年)は5・15事件が発生し、犬養首相、井上元大蔵大臣が射殺されるなど世情は段々と暗くなっていきます。

とらお

子供の頃は
戦争の最中だったの!?

ふくたろう先生

はい。
11年(1936年)に2・26事件、12年(1937年)には日中戦争、そして16年(1941年)に真珠湾攻撃をもって太平洋戦争が始まり、14~15歳になられる20年(1945年)8月15日の終戦の日を迎えるまで、少年・少女時代はまさに戦争一色の時代でした。

とらお

僕たちの子供の頃と
全然ちがったんだね…

ふくたろう先生

戦後は、米寿の方が15~16歳
22年(1947年)に日本国憲法が施行され、27年(1952年)にサンフランシスコ講和条約が発効し主権を回復、我が国は再び経済発展
遂げていきます。

とらお

高度経済成長?

ふくたろう先生

はい!その時期に
当時「三種の神器」と呼ばれた
テレビ・冷蔵庫・洗濯機が
一般家庭に普及したりしました。

とらお

そうか、今はどこにでもあるけれど
昔はなかったんだ…

ふくたろう先生

32~33歳の39年(1964年)には
東京オリンピックが開催され
さらに45年(1970年)に
大阪万国博覧会開催
47年(1972年)の札幌冬季オリンピック開催、
50年(1975年)沖縄海洋博覧会開催と
今米寿の皆様のご努力により
今日の日本があるといっても過言ではありません。

とらお

感謝しなきゃ…!

ふくたろう先生

その後は、58~59歳の64年(1989年)に
昭和天皇が崩御され、元号が平成に改まり、
バブル崩壊、ソビエト連邦解体による
東西冷戦の終結、阪神淡路大震災、
米国同時多発テロ、東日本大震災と
福島原発事故などの激動を経て今日に至っています。

とらお

この辺りになると僕も生まれてるね。
おばあちゃん達が
大変な時代を生きてきたことが
とてもよくわかったよ

ふくたろう先生

それでは
次は生まれ年の明るいニュースを中心に
紹介します♪

 

2・米寿の方が生まれた年のできごと・流行

昭和6年(1931年)
羽田空港開港

 日本初の民間航空機専用空港として東京飛行場(羽田空港)が開港しました。
またこの年、日本初のエアガール(スチュワーデス)の募集があり3名が採用されましたが、
月給が安くて全員1か月で退職したそうです。

十銭ストアの開店

 高島屋がチェーン展開による均一店経営に乗り出し、大阪を皮切りに東京、
京都へも拡大、この年26店を開設しました。
なんでも10銭(現在の価値で200円程度)という今でいう百均(100円ショップ)のはしりの店舗です。

大相撲の土俵の直径

 この年の4月から土俵の大きさが今と同じ15尺(4.55m)になりました。
それまでは13尺(3.94m)で、その外側に二重に土俵が造られていたそうです。
これは大型力士が台頭し、あまり早く勝負がつかないようにしたためと言われています。

「銭形平次捕物帖控」「のらくろ」

 話題になった本では、「一本刀土俵入(長谷川伸)」「銭形平次捕物帖控(野村胡堂)」などがありました。
また、ノラ犬の黒吉が軍隊に入り、ミスをしながらも活躍をしていくという
漫画「のらくろ二等兵(田河水泡)」が人気を集め、当初は1年程度で終わるはずが
11年も連載が続き、最後は少佐まで出世しました。
 映画では、片岡千恵蔵主演の「まぶたの母」、大河内伝次郎主演の「侍ニッポン」などがヒットしました。
音楽では、藤山一郎の「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」や童謡の「こいのぼり」などがヒットしました。

生まれた有名人

 昭和6年(1931年)生まれの有名人は、俳優の高倉健さん、勝新太郎さん、
女優の八千草薫さん、山本富士子さん、映画監督の山田洋次さん、詩人の谷川俊太郎さん、
プロ野球の藤田元司さんなどがいらっしゃいます。
 また、外国人ではソ連の大統領だったゴルバチョフさん、
覆面プロレスラーのデストロイヤーさん、俳優のジェームズ・ディーンさんなどが1931年生まれです。

とらお

お相撲さんは昔に比べて大きくなっているので、今より土俵を大きくすることはしないのかな。

ふくたろう先生
 

実は終戦直後の昭和20年秋場所で、進駐軍の指示で16尺(4.85m)にしましたが力士の反対が多く、1場所で元の15尺に戻ったということがありました。
確かに戦前に比べて力士も大型化しているので土俵を広げるべきだという相撲愛好者もいるのですが、具体的な動きにはなっていません。
 
話は変わりますが、私が子供の時、テレビでしか相撲を見たことがなかったし、上からのカメラ映像もありませんでした。
それで、土俵は楕円形で徳俵は力士の後ろの2か所にしかないと思って、地面に線を引いて友達と相撲を取っていました(汗)

とらお

ふくたろう先生やご友人と同じように考えていた子供たちもきっとたくさんいたんだろうなぁ。
時代を経て変わってきたものもあるけれど、ずっと引き継がれているものもあるんだね。

昭和7年(1932年)
国防婦人会結成

 出征する兵隊さんに割烹着姿で湯茶のおもてなしをという思いで、大阪において国防婦人会が40名で結成されました。
その後、軍部の後ろ盾もあり1000万人を擁する大日本国防婦人会へと発展します。
おばちゃんパワーは今も昔も大阪が発祥ですね。

日本ダービー開催

 第1回日本ダービー(東京優駿大競争)が目黒競馬場で開催されました。
優勝馬の賞金は副賞等も含めて2万5千円ほどで、それまでの最高金額が6千円でしたので破格の賞金額でした。

忠犬ハチ公

 渋谷駅前で亡き主人を待つ秋田犬のハチが邪険に扱われていることを哀れんだ日本犬保存会会長がハチのことを東京朝日新聞に寄稿し、「いとしや老犬物語」として掲載された年です。
その内容は人々の心を打ち、ハチ公として可愛がられるようになり、昭和9年には銅像が作られました。

除夜の鐘

 この年の暮れにNHKラジオが除夜の鐘のリレー中継を初めて行いました。今も紅白歌合戦が終わったあとの「行く年来る年」に引き継がれています。
108の煩悩を祓うため108回鐘を撞くというのはご存じでしょうが、何時ごろ撞くかご存知でしょうか。
正解は107回を前年に撞いて、最後の1回を新年に撞くのが正式なつき方だそうです。

影を慕いて

 この年話題になった本では「盲目物語(谷崎潤一郎)」「聖家族(堀辰雄)」「夜明け前(島崎藤村)」などがあります。
また、「影を慕いて(藤山一郎)」「銀座の柳(四家文子)」「島の娘(小唄勝太郎)」などの歌が流行しました。
   映画では「生まれてはみたけれど(小津安次郎監督)」が人気を集めました。またチャップリンが初来日し各地で大歓迎された年でもあります。

生まれた有名人

 この年に生まれた有名人は、俳優の田中邦衛さん、仲代達矢さん、女優の有馬稲子さん、岸恵子さん、作曲家の小林亜星さん、小説家の五木寛之さん、東京都知事も務めた石原慎太郎さん、青島幸男さん、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんなどがいらっしゃいます。
また外国の方では女優のエリザベス・テイラーさん、作曲家のフランシス・レイさんもこの年の生まれです。

とらお

ハチ公は昔は邪険に扱われていたんだ…!?

ふくたろう先生
 

今では知らない人はいないほどの人気ぶりですよね♪
東京渋谷で待ち合わせ…とはいえばハチ公像です。
海を超え、世界でも映画「HACHI」が人気のようですよ。

とらお

そうだね。
時代を経て変わってきたものもあるけれど、ずっと引き継がれているものもあるんだね。

ふくたろう先生
 

そうなんです。
88年という歴史は長いですよ。
おばあさまの人生にもたくさんの思い出が刻まれていることと思います。

とらお

昔のことを知るっておもしろいね!
お祝い会が楽しみだよ♪

ふくたろう先生
 

他にも色々なお話を用意していますよ♪
お祝い会当日まで準備も楽しみましょうね♪


米寿の特集ページへ


次の記事を読む:『こんなにおもしろい!米寿川柳』お祝い会で盛り上がろう♪Part2


スタッフ

WEBショップ「花なまえの詩.com」
〒612-8086 京都市伏見区京町北8-87
TEL 075-611-1454 FAX 075-611-1499
<詳しくは特定商取引法に関する表記のページをご覧ください>
Copyright © 2015 花なまえの詩